700万で家が建つ?建築本体価格って何?

700万で家が建つ?建築本体価格って何?
住宅相談

福山市で中古住宅をリノベーション
瀬戸内BASEの片岡です。


お家を購入される際に


新築か中古か?


で悩まれて、
相談に来られるお客様もたくさんいらっしゃいます。


そんなお客様にたまに質問されることがありまして、
 


チラシなんかで見る新築住宅、
すごく安いのがあるんですが
あれってどうなんですかねぇ?


新築が768万円(建築本体価格)で建つ!


みたいなやつなんですが・・・・。

 



はい!ということで


よくチラシなどで見かける



建物本体価格


について少し書いていきます。


 

建物本体価格は住宅会社からすれば都合のいい言葉です。

700万で家が建つ?建築本体価格って何?
建物本体価格と聞いて
どんなことをイメージされますか?



例えば・・・・


・風呂やトイレや水道などフル装備した家全体の価格?
・屋根と壁と部屋がありお風呂もついた家としての価格?
・土地代を含まない、柱と壁と屋根だけの価格?


正解は



どれも正解なんです!



どこまで含んだ状態を建物本体と呼ぶのかは
明確な決まりはなく、その内容は住宅会社が決められます。



そのため


「2階建てのお家なんですが、
階段を付けるのにはオプションで建物本体価格+〇〇〇万円かかります。」


なんてリアルな笑い話もあるんです。


つまり建物本体価格だけで
住宅会社を比較することはできないということ。



だからですね、


住宅会社に行ったら
どこまでが建物本体価格かを確認してください。


お家は表示価格以外にかかる費用もたくさんありますので


チラシを見て高い・安いと判断しないで
いろいろな住宅会社を見て話を聴いて判断しましょう!



もちろん、


新築の相談なんだけど・・・


という場合でも
瀬戸内BASEは相談できますよ!



気になる方は瀬戸内BASEまでご予約くださいませ。


最後までお読みいただきありがとうございました。

 
WORKS MORE